PCパーツ交換

 このブログを振り返ってみると、最後にPCのパーツを交換したのは2014年1月で、マザーボードを交換しているエントリがありましたが、実際はその後RAID5をやめて12TBの単一ドライブに変更したのが最後かと思われます。購入時期は通販サイトによると2019年3月末でした。ただPCのメインの部分はおおむね2012年から2014年ころに購入したパーツで構成されており、ざっくり7~9年前のスペックということです。ただ、最近の利用方法では不満もないのですが、Windows 11の噂もでてきたので、この時点でいったんパーツをリニューアルすることにしました。今までの環境は以下の通りです。

パーツ メーカー 品名 購入時期
CPU AMD FX-8350 2013年1月
M/B ASUS CORSSHAIR V FORMULA-Z 2014年1月
RAM ADATA AX3U2133XW8G10-2X(8GB x 2) 2013年4月
G/B GALAXY GF PGTX670/2GD 2012年5月
SSD Samsung SSD 840 Pro 2013年1月

 さて今回購入したパーツは以下の写真のものです。

f:id:Lavista:20210609164330j:plain
新たに購入したパーツの集合写真
  • CPU: AMD Ryzen 5 5600X(6コア12スレッド)
f:id:Lavista:20210609164408j:plain
Ryzen 5 5600X
  • M/B: ASRock X570 Pro4
f:id:Lavista:20210609164343j:plain
ASRock X570 Pro4
  • RAM: ADATA Premiere DDR4-3200 32GB (16GB x 2)
f:id:Lavista:20210609164431j:plain
ADATA DDR4-3200 32GB
f:id:Lavista:20210609164357j:plain
GIGABYTE GeForce RTX 3060 GAMING OC 12G
  • CPUクーラー: SCYTHE 虎徹
f:id:Lavista:20210609164422j:plain
SCYTHE 虎徹

 起動ドライブにするNVMe SSDは未購入ですが、今使っているSSDで一度起動させてから環境を移行しようと思っているためです。まぁ速度的にはSATA接続のものでもそんなに遅いとは思いませんけどね。また、電源(SilverStone製750w 80 Plus Silver)も相当長く使っているとは思うのですが、環境構築後にOCCTで負荷をかけてみましたが特に問題なかったためしばらくそのまま使い続けます。

 さて久々のPC組み立てでいろいろとトラブルに会いました。PC組み立ての基本はいきなりケースに入れずに、まず段ボールなどの絶縁体の上で最小構成(M/BにCPUとRAMとGPUだけを装着した状態)で動作確認します。
 ところが、この時点で電源は入るものの起動しません。価格comの口コミ掲示板で質問したところ、Ryzenの5000番台を動かすためにはマザーボードBIOSがP3.20以上である必要があるとのことでしたが、マザーボードBIOSに貼られているシールにはまさかのP1.00の文字が!最初期のBIOSの製品を掴まされたようです。やはりこういう品は専門ショップでしかもマザーボード、CPU、メモリはまとめて買わないとダメだなと改めて実感しました。このままではどうやっても動かすことができないので、代理店にBIOS書き換えを行ってくれるかどうかの質問を投げる一方、動作可能なCPUを中古で入手することを考えました。ヤフオクでちょうどRyzen 5 2600Xが安価で即決価格で出ていたので、これを落札しBIOS書き換えを行いました。なお、ASRockのマザーボードはInstant flashという方法でBIOSの書き換えが可能なのですが、これで書き換えたところ表示は最新のP4.00になっているにも関わらず5600Xでは起動できませんでした。事前にツクモのサポートページでInstant flashではうまくアップデートできない事があるという記事を見ていたので、コマンドラインで書き換えを行い、無事Ryzen 5 5600Xで起動できるようになりました。
 その後ケースに組み入れて、拡張カードなどを装着しOSを起動させたところ無事起動してきましたが、デバイスマネージャーには?付きのデバイスがいくつかありましたのでAMDチップセットドライバをインストールして一旦正常に利用可能になりました。が、その後いろいろと弄っているうちにOSがブートしなくなって苦労する事になりましたが、それはまた後日・・・。

ビッパ獲る?

 季節イベントは本日まもなく終了します。今回は何と言ってもカビゴンの色違いが獲れたのが大きかったです。また本日レジギガスの色違いも捕獲しました。レジギガスはレイドでもジム戦でも使いどころが無いので本日で終了とし、来月の次のレイドボスまで伝説レイドはお休みとします。
 さて、6月25日(金)10:00~7月1日(木)20:00まで「ビッパ大量発生」イベントが開催されます。げっ歯目というのはコジョフーではなくビッパでした。捕獲時の経験値が2倍、3倍、4倍となるイベントなので経験値稼ぎには良いでしょうけど、どうにも気が進まないイベントです。
 そんな感じなので月末までお休みモードに入る事にしました。日々最低限のポケモン捕獲とフレンドさんに贈るギフトの回収分だけポケストを回して終了とするつもりです。

NVIDIA Windows 7, 8.1とKeplerチップ搭載グラフィックボードのサポート終了を発表

 NVIDIAWindows 7Windows 8.1のサポートを終了し、重大なセキュリティの問題以外の修正は8月末以降行わないと発表しました。また同時にKepler搭載のグラフィックボードのサポートも終了します。私の使っているGeForce GTX670もKeplerベースの製品なので、今後のドライバーアップデートはなくなります。少し前にKeplerのひとつ前のFermi世代の製品のサポートを打ち切っていたのでいずれ同様になるとは思っていましたが、遂にその時が来たという感じですが、まぁ製品としては10年近く前の物なので仕方ないですね。
 今は以前と違ってPhotoshopIllustrator、Premiere ProなどのAdobeの重量級のソフトを使う事もなく、もっぱらWebブラウジングとTV視聴、たまにOffice製品を利用する程度なので、最新の安価なグラフィックボードに乗り換えようかと思いますが、今は仮想通過の採掘目的でグラフィックボードは品薄&高価になっているので、どうした物か思案していましたが、実はちょっと前に色々決断しております。この辺りはまた後日エントリいたします。

コジョフーゲットだぜっ!

 コジョフーってのはかくとうタイプポケモンです。GOバトルリーグでランク6になって最初に受け取る報酬のポケモンが今シーズンは新規実装のコジョフーになったという告知は見ていました。しかし受け取るためにはGOバトルリーグに参戦しないといけませんので、当初は特に気にしていませんでした。ところが調べてみると、今シーズンは1勝もしなくてもランク6まで上がれる事を知りました。もちろんランク6になってポケモンの報酬を受け取るためには有料パスを使わない場合の参戦だと3勝しないといけませんが、それまで勝ち負けに関係なくランクアップできるので、気分的には楽です。という事で昨日5セット、本日1セットを行ってコジョフーをゲットいたしました。

f:id:Lavista:20210612222905p:plain
GOバトルリーグ シーズン8 ランク6の報酬のコジョフー

 ちなみに、ランク6以降ランク10までも前シーズンよりはるかに楽で、各ランクに到達後に1勝だけすれば次のランクに上がれる事になっています。シーズン7の時よりはるかに楽で、こんな事ならTL50になるタスクもシーズン8になってからやれば良かったと思ってしまったりしています。
 ところで、6月25日(金)から7月1日(木)までげっ歯目のイベントが予定されていますので、GOバトルリーグをやらない人は、このイベント中にコジョフーをゲットできるかも知れません。

常温保冷剤購入

 2018年から使っている常温保冷剤がさすがに効き目が無くなってきました。また今年の夏は暑いらしいので、同じものを購入しました。

f:id:Lavista:20210609165624j:plain
常温保冷剤とスマホに装着するためのバンド

 写真は1セットですが商品は2個セットです。この製品は常温では固体ですが32℃以上になると熱を吸収して液化します。一旦液状になると冷却効果はなくなりますので、32℃以下の場所に保管していると徐々に硬化してまた冷却が可能になります。とはいえ常温で固化するのには時間がかかるので、普通は自宅に戻って冷蔵庫などに入れておく事になります。
 スマホを充電しながらPokémon GOをプレイするのはバッテリには良くありませんが、仕方なくしてしまう事があります。特に夏場は充電とゲームプレイによる過熱でサーマルスロットル(過熱により動作速度を制限したり画面を暗くしたりする)が発生する事がありますが、そんな時これを使うとスマホ端末を冷却して通常通り使う事ができるようになります。
 以下はiPhone 6sに装着した状態ですが、サイズの大きいiPhone Xでも大丈夫ですが、より大きいMAXは無理かも知れません。

f:id:Lavista:20210609165716j:plain
常温保冷剤装着状態(スマホ側)
f:id:Lavista:20210609165730j:plain
常温保冷剤装着状態(裏側)

 なお常温保冷剤のパッケージの角が破けやすいので、私は透明の梱包用テープで補強しており、これで以前の製品は約3シーズン*1問題なく使えました。

*1:2020年はコロナの影響でほとんど使いませんでしたが

レベル50チャレンジタスク完了

 TL50に到達した時点で配布されたレベル50チャレンジですが、昨日完了いたしました。

f:id:Lavista:20210608172037j:plain
左:3/4タスクページ / 右:最後の4/4タスクページ

 面倒がっていた50匹進化させるタスクですが、結局ポッポ、キャタピービードルケムッソを50匹集めて進化させました。最後のポケモンの報酬はミュウツーだったのですが、これが個体値がガッカリなやつで、苦労したのだからせめて個体値90%以上とか、攻撃の個体値がMAXとか、サイコブレイクを覚えているとかのボーナスがあっても良さそうなものですが・・・。ほしのすな を大量に受け取れたのは嬉しかったです。砂貯蓄の3,000万到達がみえてきました。
 とりあえず、これでトレーナーレベルアップ関連は全て終了しましたので、今後はノンビリとスローペースで取り組む事にいたします。ヤドン祭というノンビリムードのイベントも来ましたので、丁度良い感じです(笑)

フカマルのコミュニティ・デイ結果

 昨日のコミュニティ・デイですが、各情報サイトやYoutuberがサーバー障害の懸念のコメントを連ねた事もあってか、ナイアンティックも本腰を入れて環境を準備したようで、多少動作が重く感じる時間帯もありましたが、概ね快適にプレーできました。コミュニティ・デイが6時間になってから初めてフル参戦しました。プレイスタイルは おこう とルアーモジュールを使い、カフェで捕獲。たださすがに6時間一か所に居座るもあんまりなので、3か所ほどハシゴしました。6時間捕獲し続けた結果、フカマルの捕獲数は660匹で色違いは19匹(内数)でした。
 コミュニティ・デイ中に高個体が獲れる可能性は低いので事前にタスクで入手した98%とフレンドさんとのトレードのキラ98%を進化させるつもりでいましたが、有料のリサーチからも98%が1匹入手でき、都合3体を「だいちのちから」を覚えたガブリアスにしておきました。またアメXLも296個丁度になり1匹はPL50まで強化できる状態にはなりましたが、今は100%個体しか強化するつもりはないので、98%の3体はPL40までの強化にとどめておきます。

f:id:Lavista:20210607134717j:plain
左:コミュニティ・デイ前 / 右:コミュニティ・デイ終了時

 捕獲したフカマルは博士に送っていないので、アメXLはもう少し増えるとは思います。
 なお直前でルアーモジュールの持続時間が3時間に延長されたので、ディアモール周辺のポケスト3か所に使用しましたが、開始から20分で早々にピクニックガールメダルがプラチナメダルになりました。この辺りの話は6月の活動報告でまとめて記載します。