連続テレビ小説「おひさま」

 HDDのファイル整理をしつつ、新しい連続テレビ小説「おひさま」を1カ月分まとめて見ました。安曇野の清流と緑と山の景色が美しく目の保養になります。また、私は両親が長野県出身で、出演者の話し言葉が時々祖母の口ぶりを思わせる時があり、懐かしさも感じます。が、私にとってはただそれだけという感じです。前作「てっぱん」の時のように心に響くものが全くありません。出演者も前作よりはるかに豪華なんですけどね。世間の評価は分かりませんが、私としてはこのまま見続けるのはちょっと厳しい感じです。しかしながら、時期的にはこれから戦時中に入ってくるわけで、大概は戦時中にドラマが仕組まれる事が多いので、もう少し見続けてみるつもりではあります。